Search
Search Menu

-コーチのバッグは魅力的!-

女性から絶大な支持を得るコーチですが、何といってもその魅力はバックにあるのではないでしょうか。

しかしコーチがどういった歴史を辿ってここまで人々の心を魅了することになったのかはあまり定かではありませんよね。

そこで今回はコーチのバックにまつわる歴史についてご紹介します。

-コーチの歴史について-

1941年、ニューヨーク・マンハッタンで創業された高級皮革製品メーカー、それがコーチです。

馬車の代名詞であったハンガリーのコチという都市名が社名の由来となっておりまして、コーチとは「乗り物」を意味しているんですね。15世紀、この地で鋼鉄ばねをサスペンションに使った馬車が製造され、のちに各国でコチだけでサスペンションを備えた馬車を意味するようになります。

創業当時は、野球グラブの革を使用した鞄などを、比較的高齢の男性向けに、アメリカ国内で生産をしているコーチですが、サラ・リー社が1985年に買収、バッグと財布などの皮革製品メーカーから、総合ファッション企業へと発展していきます。

豊かな伝統と革新的なデザインが息づく、上質な鞄やライフスタイルコレクション、選りすぐりのレザーと素材を存分に活用したコーチの創り上げる世界。

ハンドバッグや財布、パスケースなどのCのモノグラム柄は、社名の頭文字ではありますが、柄の種類やレディース・メンズの各ラインによりシグネチャー、オプアートなど豊富なバリエーションを提供しています。

-コーチの発展について-

コーチの販売戦略は、高級品のみに拘るのではなく、アウトレット店などによって中低所得層にも手に届く商品を提供し、全ての層を販売対象にしていくことであり、アウトレット店の増加に伴い売上も増加し、発展してきました。

更に、生産を中米や中国などへの外注に切り替え、1996年にはリード・クラッコフをクリエイティブ・ディレクターに起用、2001年の人気商品であるキャンバス地のシグニチャー・ラインの販売開始は、その後のコーチの進むべき指針となっていきます。

クオリティ、本物の安心感、価値、そして誰もが憧れる、ブランドのスタイルでありますが、これを低価格で実現しているのがコーチのバッグなのでしょう。

また、他業種とのコラボについても、コーチの皮革を内装に利用したトヨタ自動車のレクサスブランドが1999年から2001年にかけて限定販売されるなど、積極的に乗り出しています。

バッグの通販はポールスミスへ