法事とは

法事とはどのようなことを言うのでしょうか。法事という言葉は頻繁に聞くことがあるでしょう。しかし、意味まで正確に判らないという人たちも、多くいます。

【法事とは何か】

ズバリ、法事とは法要を含め、そのあとの食事の席など全体を指す言葉です。ですから、逆に、法要が何かということをここで追求しなければなりません。

法要とは、亡くなった人の冥福(あの世での幸せ)を祈って供養をする仏教の行事とされています。「追善供養(ついぜんくよう)」というのも法要のことです。

法要という日において、遺族たちは、故人が、正しく成仏できるようにお祈りをします。更に法要は、忌日法要(きにちほうよう)と年忌法要(ねんきほうよう)に分けることができます。

【忌日法要とは】

忌日法要とは、故人が亡くなった日から、七日ごと行われる法要のことです。7日目には、初七日(しょなのか)があり、 二七日(ふたなのか)は14日目、三七日(みなのか)は21日目、そして四七日(よなのか)28日目、五七日(いつなのか)35日目、六七日(むなのか)42日目と続き、 七七日(なななのか)で49日目を迎えます。

更に、命日から100日目に「百か日法要」があります。亡くなった方は三途の川を渡り、閻魔大王様のいる場所へと向かうことになりますが、天国に行けるか、地獄かはまだわかりません。

7日ごとに裁判が行われて、49日目に最終的な判断が下されると言われています。まずは初七日に閻魔大王様と出会うことになり、 7日ごとに他の裁判官によって判決が下されて行きます。

【年忌法要とは】

百か日法要が終わってからの法要を「年忌法要」という言い方をします。一周忌や三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と言ったものがそれです。

亡くなった翌年が一周忌となり、亡くなった年を含めて数えていき、一周忌の翌年が三回忌です。

それ以降も「五十回忌」があり、最後の法要とするケースもあります。その中でも私達が意識しなければならない法要とは、「初七日」と「四十九日(七七日)」です。閻魔大王により初めての判決が下される日と、亡くなった人の魂と本当にお別れをする日です。

年忌法要の場合大事なのは、 「一周忌」と「三回忌」です。

そして法事というものは、 法要を行う行事そのものであり、セレモニー自体のことを言います。 場所は、自宅の場合もあり、お寺や葬儀場という場合もあります。初七日は基本大々的に行うべきものですが、最近では「葬儀告別式」の日に一緒に行うケースがほとんどとなって来ています。