供花とは

お葬式には、ルールやマナーがあり、いちいちそれを理解しなければならないという意味では、難しいものかもしれません。

故人を悼んでお花を送ることを、供花と言います。供花といえば、通夜や葬儀、告別式のとき、壁沿いに並んでいる花のことをイメージする人たちも多くいます。

結婚式では、あらかじめ用意することができるものの、いつも慌ただしい思いをしなければならないのが、お葬式です。それでも、安易に供花を送るというのではなく、故人を見送る気持ちも大事ですし、遺族に対してもいたわりの気持ちを持ち、負担とならない供花を送る必要があります。

【供花の意味】

弔意を表すということにはいろいろな方法を考えることができますが、 お花を手向けることもその一つとして考えることができます。供花、または、供華・くげと言う場合もあります。

事情があって、葬式に出ることができないケースで、供花を送ることもあります。祭壇に花を供えたり、故人の棺に手向けたりするので、供花と勘違いをしている人たちもいますが、それは供花ではなくて献花なので、違いを区別するようにしてください。

供花にはそれぞれ手向けた人や会社の名前が貼られて、 1つを1基とし、 2基で1対になります。 どの宗教でも共通しているのは、基調は白です。 仏式葬儀のお花でメインになるのは、やはり菊です。

神式でも中心になるのは菊ですが、西洋花と呼ばれるカトレアなども使われます。キリスト教式の葬儀の場合、基本的に菊は使われません。主になるのはユリやカーネーションです。

キリスト教式の葬儀では、供花には名前が貼られないのが一般的だったりと、宗教でも供花にはいろいろな違いを見て取ることができますが、更に地域に対しても違いがあり、現在、生花が一般的になっているものの、造花の花輪に拘りを持つ地域があります。(キリスト教式は生花しか使いません。)

関西地方では、樒・しきみというものを立てることがあります。仏前に捧げられるもくれん科の常緑樹のことであり、樒をはなと称して、墓、位牌の前にお水と一緒に供えます。1基ずつ並べられるものですが、かなり大きく場所も取るため、紙や板に名前だけを書いて張り出す、紙樒や板樒というやり方もあります。(キリスト教式葬儀には、樒は立てません。)

供花は、 葬儀会場が葬祭場などの場所では、大きな供花が飾られることになりますが、故人の自宅でおこなわれるお葬式の場合では、小さめのものを飾ることになります。

供花は、遺族、親族、故人の古い知己、故人の会社の関係者や、遺族の会社の関係者などの人たちが送り、縁の深い順に、祭壇の近くになるよう並べられます。